秋山翔吾のメジャーの成績は?西武からレッズ、日本復帰までの経歴も紹介!

2010年西武ライオンズにドラフト3位で入団し、首位打者1回、最多安打4回を獲得し、日本球界を代表する打者の一人となった秋山翔吾選手。

2019年に海外FA権を使い、メジャー挑戦を決断しました。

今回は、そんな秋山翔吾選手の、メジャーでの成績、また、日本復帰までの経歴を紹介していきます。

目次

秋山翔吾のメジャーの成績

秋山翔吾選手は2020年1月、シンシナティ・レッズと3年総額2100万ドル+出来高で契約を結びました

2020年 メジャー1年目 レッズ

8月までは打率も上がらず、打順は慣れ親しんだ1番ではなく、下位打線になることが多くなりました。

9月に入ってからは、打率.317と上がり、1番打者として活躍します。 

秋山翔吾選手は54試合に出場しました。

打率.245、38安打、9打点、7盗塁、出塁率.357

2021年 メジャー2年目 レッズ

3月のオープン戦では1番・センターでスタメン出場したものの、左太もも裏を痛めてしまい途中交代。

9月には、右太もも裏の張りで負傷者リストに入りました。

メジャー2年目に関しては、故障で離脱を2度もしてしまい、なかなか思うような結果を残せませんでした。

スタメンに定着することはできませんでした。

秋山翔吾選手は88試合出場

打率.204、33安打、12打点、2盗塁、出塁率.282

2022年 メジャー3年目 レッズ

3年目のシーズンを迎えるにあたって、秋山翔吾選手は筋力を鍛え、バッティングフォームもノーステップ打法に変えるなど、準備をしてきました。

しかし、4月、開幕ロースターから外れることになってしまいます。

シンシナティ・レッズのデビッド・ベル監督は秋山翔吾選手についてこのように話しています。

「最初から厳しい道のりだった。彼はただ、たくさんプレーする機会がなかった私たちは、彼がプレーできることを知っている。彼がどこかに移り、メジャーリーグの球団で勝利に貢献する機会を得ても驚かない」

実力があることを認めているものの、実力を発揮する出場機会が足りなかったという分析をしています。

2021年のシーズンは故障による離脱が多かったのも、出場機会が足りなくなってしまった原因のひとつだと考えられます。

4月5日に、MLB開幕目前に正式にシンシナティ・レッズから解雇が発表されました。

3年契約を結んでいた秋山翔吾選手ですが、3年目の2022年の年俸800万ドルは球団が負担しました。

退団後は、エルパソ・チワワズとマイナー契約を結びます。

2022年 マイナー1年目 エルパソ

今シーズンのみのマイナー契約で、エルパソ・チワワズと契約を結びます

秋山翔吾選手は「もう一度、アメリカで野球をするチャンスを与えてくれたパドレスに感謝しています」と話しています。

5月11日にマイナー戦初出場し、6月7日までの成績は、16試合に出場。

打率.343、24安打、21打点、3本塁打、2盗塁

といい結果を残しました。

6月7日に、新型コロナウイルスに感染し、1週間の負傷者リストに。

1週間後の15日、なんと、秋山翔吾選手がエルパソを退団することが明らかになりました。

契約当初から、6月15日までの契約期間で設定していたそうです。

秋山翔吾選手は次のように話しています。

「外野も若い選手を使っていきたいともはっきり言われました。」

「パドレスは僕が今までやってきたことを評価し、言葉は悪いですが“飼い殺し”という状態はチームとしても避けたい、ただ最後の判断は翔吾に任せると言われていました。」

「契約のオファーをもらったときから1試合でもメジャーの舞台に上がりたいという気持ちがあったが、上がれずにここまできたので、一旦区切りをつけたいと思いました。」

退団後、メジャー球団からのオファーを待ちますが、オファーはなく、日本球界復帰を決めました。

そして古巣の西武ライオンズではなく、セリーグの広島カープへの入団が決まり世間を騒がせましたね。

メジャーの通算成績

秋山翔吾選手のメジャーリーグでの通算成績を紹介します。

試合出場数142試合
打率.224、71安打、21打点、9盗塁、0本塁打

丸2年間でしたが、明らかに出場回数が少ないですね。

トータル打率も伸びませんでした。

秋山翔吾の日本復帰までの経歴を紹介

秋山翔吾選手の経歴を紹介します。

■湘南武山フェニックス(小学生)

■横浜金沢リトルシニア(中学生)

■ 横浜創学館高校

■ 八戸大・通算(79試合 .331 7本 49点 37盗塁)

■埼玉西武ライオンズ
2010年 ドラフト3位
2013年 ゴールデングラブ賞(外野手)
2015年 3,4月・月間MVP
    6月・月間MVP
  最多安打
  ベストナイン(外野手)
  ゴールデングラブ賞(外野手)
プレミア12 日本代表 銅メダル
2016年 ゴールデングラブ賞(外野手)
2017年 WBC日本代表 ベスト4
  7月・月間MVP
  首位打者
  最多安打
ベストナイン(外野手)
  ゴールデングラブ賞(外野手)
2018年 最多安打
ベストナイン(外野手)
  ゴールデングラブ賞(外野手)
2019年 5月・月間MVP
  最多安打
  ベストナイン(外野手)
ゴールデングラブ賞(外野手)
  ゴールデンスピリット賞

■メジャー・シンシナティ・レッズ
2020年 FAにて契約

■マイナーリーグ・エルパソ・チワワズ
2022年 移籍

■広島カープ【NEW!】
2022年 正式に入団決定

日本野球界では、最多安打4回、ゴールデングラブ賞6回と、攻守共に高い才能であったことがよくわかります。

日本復帰にあたり、古巣の西武ライオンズや、お金のあるソフトバンクフォークスではなく、

まさかの広島カープと契約を結び話題になりました。

まとめ

秋山翔吾選手について、メジャーでの成績、経歴プロフィールを紹介してきました。

日本球界に復帰することが決まった秋山翔吾選手。

日本野球ファンみんなが驚く、まさかの広島カープと契約を結びました

気になる年俸は、今季途中から24年までの3年契約、総額3億5000万円以上+出来高の見込みだそうです。

日本での秋山翔吾選手の再度活躍が楽しみです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる